カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

JUNE TABOR/Ashore (2011/16th) (ジューン・テイバー/UK)

UKのトピックからのリリース。ジューン・テイバーはウォリックシャー州ウォリック出身のトラッド・シンガーで、マディ・プライア(ex.スティーライ・スパン)とのデュオ・ユニットであるシリー・シスターズや、オイスター・バンドでの活動でも知られていると思うが、いわゆるリバイバリストとしてオーセンティックなアレンジの他、時にはジャズのエッセンスを取り入れたりもしながら、現在もソロで活動する孤高の存在。本作は、11年にリリースされた16枚目のスタジオ・アルバムで、「アショアー(浜辺へ)」のタイトル通り、海にまつわるチューンを集めたある種のコンセプト作品。ジューンのくぐもった低い声のボーカルは、相変わらず心に染み込む深い響きで、アンディ・カッティングのアコーディオンと、ヒュー・ウォーレンのピアノを中心に、時折加わるマーク・エマーソンのヴァイオリン、ティム・ハリースのウッド・ベースによるシンプルなバックも非常に雰囲気がよい。トラッド・チューンを中心に、ロバート・ワイアットの「シップビルディング」等のカヴァー・チューンも交えた楽曲群もエレガントで、このトラッドでもジャズでもない独特の上品なくぐもり感は、例えばジャッキー・マクシーズ・ペンタングルにも通じる印象。この、演奏をある種の共時的な時間ととらえ、通時的性格のトラッド・チューンを媒介としてシンプルで豊かな音の流れを演出せんとする試みは、そのまま過去と現在の交叉ともなり、懐メロ的感覚の過去へのオマージュとは全く次元の異なる、真にオーセンティックな態度と云える。ともかくも、しっとりとした夜の一人酒の肴に、かなりピッタリな美しい好盤。素晴らしい!。

輸入盤
(Trad&Folk/British&Scotish Trad,Jazz / Jewel-case CD(2011) / Topic/UK)

JUNE TABOR/Ashore (2011/16th) (ジューン・テイバー/UK)

価格:

2,380円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

JUNE TABOR/Ashore (2011/16th) (ジューン・テイバー/UK)

June Tabor(vo)
Andy Cutting(acdn)
Huw Warren(p)
Mark Emerson(vln,vla)
Tim Harries(b)

Producerd by Unknown


収録曲目
01.Finisterre
02.The Bleacher Lassie Of Kelvinhaugh
03.The Grey Funnel Line
04.Le Vingt-Cinquieme du Mois d'Octobre
05.Shipbuilding
06.Jamaica
07.The Great Selkie Of Sule Skerry
08.Winter Comes In / Vidlin Voe
09.The Oggie Man
10.The Brean Lament
11.Le Petit Navire
12.Across The Wide Ocean

ページトップへ